テーマ:山野草

不調

最近は野鳥が撮影が不調です。 なので、山野草の撮影に出かけてみました。 神津島の北側(宮塚山)でそろそろウスギムヨウランが咲いているのではと、いい天気に誘われていってきました。 10日 日曜日の画像です。 林の外は明るくて綺麗ですが、ウスキムヨウランのある場所は薄暗くて撮影も苦労します。 こういう感じで生えています。…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

美味しいもの

子供の頃はこの時期になると道路沿いの桜の木になるサクランボを採って食べたり、 黒く熟した桑の実や黄色い野イチゴなどツワブキの葉を丸めて入れ物造ってたくさんとて食べたりしました。 甘くて美味しくて舌が真っ黒になるまで食べたものでした。 今の子供たちはほとんど食べないんでしょうね。
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

色変わり

咲き始めは白いのに次第に赤くなって散ってしまいます。 ハコネウツギの島嶼変異型  「ニオイウツギ」 僅かに匂います。 こちらは「スイカズラ」 こちらは 白から黄色に変わっていきます。 子供の頃 この花をとってチューチュー密を吸ったものです。 小さなハチが蜜を吸いに飛んできました。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

種になりました。

サンコウチョウの森にハルザキヤツシロランが咲くんですが、今年は花を見ることが出来ませんでした。 一株だけ種をつけているのがあり、殻が割れて種を(胞子?)を飛ばしています。 来年もまたこの場所で見れるかな~
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ランの花

薄暗い林の中の道脇にヒメトケンランの花が盛りです。 そろそろ終わった花も見かけられますが、まだまだ楽しめそうです。 こんな感じで咲いています。 先日譲ってもらったP社の100mm/F4のマニュアルのマクロレンズですがけっこう良く写ります。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

秋の天上山

11月2日にガイドの仕事で久しぶりに天上山に登ってきました。 黒島登山口から裏砂漠→裏砂漠展望地→新東京百景展望地→天空の丘→不動池→三角点 →表砂漠→黒島登山口 天上山山頂詳細ガイドマップ   12時登山開始 16時下山 4時間の行程でした。 山頂ではリンドウの花が目立ちました。 裏砂漠 山頂…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ミゾソバ

人工池の水量が増える前には池の淵にミゾソバが群生してました。 水が増えて淵のミゾソバは無くなってしまいましたが、道路脇の湿地に少しづつ増えてきました。 蕎麦の仲間でははないですが花の形からソバの名が付いているようです。 ピンク色の可愛らしい花が咲いています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋の草花

野鳥が不調なのでしばらくぶりに宮塚山の林道に行って、着けっぱなしの300mmで花を撮ってきました。 いろいろな花が咲いています。 あんまり使いたくないのですが、薄暗いのでストロボを使ってます。 神津島では数が多く普通に見られるシュスランの花。 林道脇のキリシマシャクジョウ ツルリンドウ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

咲き始めました。

宮塚山の道路わきにカキランの株があります。 一週間前にはまだ蕾だった花が咲きはじめました。 大好きな花の一つ カキラン です。 天上山の黒島登山道にもあるんですが、そちらはまだ咲いていない? ようです。 近くにはヤブコウジも花をつけていました。 反対側の土手にはモウ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雨の中でも(花)

雨の中しずくに濡れた花も風情があります。 海岸の花や、山の花など折々の姿を楽しんでいます。 「テイカカズラ」  いい香りを漂わせて咲いています。 海岸沿いの道路わきに綺麗な花を咲かせています。 「スカシユリ」 ハマカンゾウ ハマナデシコ そろそろ時季も終りになる( ハマボッス」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

暗いです。

天上山の麓の薄暗い山道に小さな花が咲いています。 今にも落ちてきそうなどんよりとした空模様のなか 山道はさらに暗く、どうしてもストロボを使用しないと撮影でしません。 なんとか咲いている様子が撮れた「ウスギムヨウラン」 まだ蕾のオオバノトンボソウと並んで咲いていました。 絶滅危惧種のヒメトケンランは…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

山野草

探鳥でも野鳥が見つからない時には植物の写真など撮っています。 草花には詳しくないですが、ネットなどで名前を調べたりしています。 ほとんど野鳥用の300mmレンズで撮っているので、引いた画像が撮れません。 小型の地味なラン  ハチジョウチドリ。 花の形が面白い  くわ科のこうぞの花。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スポットライト・・・

昨日の画像です。 毎年この時期になると「神津島エビネ愛好会」主催による神津エビネ展が開催されます。 エビネ展には見にいくことが出来ず、今回は多幸湾エビネ公園の一般開放だけしか見ることが出来ませんでした。 今年は公園のエビネも開花が遅れたり、数が少なかったりだったんですが、やはり屋内の人工光よりも 自然の光がいいですね。  林の…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

タンポポ

今朝の写真。 家の前の駐車場の隅にタンポポの種のぼんぼりを見つけました。 面白いので、いつもの300mmアポマクロとペンタの古いF4通しの75-150のズームレンズで撮ってみました。 300mmは10D ズームは100Dです。 色味や写りも違うんですね。 K-10D 300mmで撮ったタンポポの種。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コケリンドウ

今年も可愛らしい花を咲かせてくれました。 フデリンドウに続いてコケリンドウが咲き始めました。 本当に小さな株なので、気をつけて歩かないと踏み潰しそうです。 三種類のレンズで撮ってみました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

早咲き

昨日も今日も雨で在庫写真からです。 12日の画像です。 この日はとてもいい天気で、そろそろ咲いていないかなと空港の近くの斜面へ行ってみました。 しばらく探していると、2株だけ咲いているのを見つけました。 例年よりも早い先はじめだと思います。 フデリンドウです。 暖かい陽だまりの枯れ草の中に咲いていました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋の野草

神津島のウメバチソウは本州のものとは少し違っているそうで、コウヅウメバチソウと呼ばれているそうです。 たくさん花芽をつけている株があると言うので、写真を撮りに行ってきました。 他にも センブリやモウセンゴケなど
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

大文字草

花の形が漢字の大の字に似ているのでついた名前だそうです。 5枚の花弁のうち2枚だけが長くて、確かに大の字になっています。 また、短い3枚の花弁がほとんど無くて、人の字に見える人字草というのもあるそうです。 神津島に自生する大文字草は大文字草の変種で、葉の肉も厚く、毛が多いのが特徴だそうで、 「イズノシマダイモンジソウ」と言い…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

センブリ

センブリは神津島でもあちこちで見かけます。 今は花の時期で可愛いらしい花を咲かせています。 普通のセンブリは一株からそれほどの数の花はつけないと思いますが、ここのセンブリは一株から何十もの花を咲かせています。背丈は低いのですが、ずんぐりとまるで作ったブーケのような咲き方をします。 少しづつ色合いが…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ヒヨドリジョウゴ

ヒヨドリジョウゴ   と言っても野鳥のヒヨドリとは違います。 ナス科のつる性多年草でこの実をヒヨドリが好んで食べるのでこの名がついたと言うことですが、 実には毒があるそうで、ホントに食べるのかは判らないそうです。 まだ緑色の未熟な果実ですが、熟すと真っ赤でつるつるの綺麗な丸い実になります。 花は白が一般的だそうですが、この花は紫…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花でも

野鳥探しであちこち歩いていると目にとまった花や昆虫や風景など何でも写真に撮ってます。 一度に何100枚も撮ったり フィルム時代では考えられないですね。 破産してしまいます。 ハマヒルガオ ウツギ ガクアジサイ ニオイウツギ(ハコネウツギの島嶼変異型、ほのかに香ります) ニ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

林床では

薄暗い林床に小さな欄の花が咲き始めました。 絶滅危惧種のヒメトケンランはそろそろ花の時季も終りが近づいてきましたが、代わりにウスギムヨウランの花が咲き始めたようです。 これからオオバノトンボソウやシマササバラン、コクランなどの時期になります。 にほんブログ村
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

暗くてうまく撮れません

薄暗い林の中でおまけに夕方なので オートフォーカスは迷いまくり、マニュアルでは目が悪いので適当に・・・・ なかなかうまく撮れません、 おまけに白い花なのでよけいに難しい。 ユウシュンラン ギンランの変種だそうです。  神津では3箇所くらいの自生地しか確認していません。 にほんブログ村
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

例年通り

毎年 野鳥の渡ってくる時期も花の咲く時期もそれほどの差のなくあるようです。 ブログを初めて3年ですが 時期々の内容を見ると同じような記事が書いてあります。 エビネ展の時季 多幸の榎木が沢の花木園も一般開放されます。 そのすぐ脇に、(ハルザキヤツシロラン)の自生地があります。 昨年偶然見つけました。 雨模様の中、そろそろ花芽が出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エビネ展

昨日と今日との2日間 エビネ愛好会主催のエビネ展が開催されました。 会場の(生きがい健康センター)にはエビネのいい香りが漂っています。  ひところのブームも終りましたが、いまだ根強い愛好家の方たちがいるようです。 神津島ではジエビネ、ニオイエビネ、ジエビネとにニオイエビネの自然交配種のコウヅエビネがありました。 なぜ(ありました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海岸沿いの草花

島の北側の名組湾 戦前神戸山から石材を搬出したトロッコ跡と索道の跡がある海岸です。 岩場と松林の風光明媚ないいところです。 ミヤマホオジロを撮ったのもこの場所です。 海岸性の草花が咲き始めました。 イワタイゲキの花 黄緑色の葉が綺麗ですが、茎を折ったりすると出てくる乳白色の液体には毒があるそうです。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

スミレの花

スミレのは~な~ さ~く~頃~~~    歌にもあるように春も盛りになってきたようです。 桜の花も満開になっている木もあります。 スミレはとても種類が多いそうで、土地土地で変異の多い植物だそうです。 島嶼型や海岸型の植物と言うのは、塩害に耐えるため葉の厚みを厚くしているのが特徴のようです。 (スミレ)の海岸適応型はアツバスミレと…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

花いっぱい

このところの暖かさであちらこちらに綺麗な花が咲き始めました。 野鳥の方はさっぱりで、すっかり野草ブログになってしまった感じです。 カキドオシ     しそ科の植物でいろいろ薬効があるそうです。血糖値を下げる効果もあるとか 帰化植物だそうです。 ムラサキカタバミ  これは園芸種だと思いますが、名…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

コケリンドウ

神津島では4種類のリンドウが確認されています。 秋に咲くリンドウは天上山で見られます。また、ツルリンドウも秋の天上山の山頂付近でよく見かけます。 春に咲くのはフデリンドウとこのコケリンドウ。 海岸沿いの土手に群生している場所があるんですが、とても小さいのでよく見て歩かないと踏み潰してしまいそうです …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

フデリンドウ

蕾の形が筆の先に似ているのでこのこの名がついたそうです。 昨日は一厘だけしか見つけられなかったフデリンドウの花でしたが、今日は朝から天気が良かったので あちらこちらで青紫の小さなはながたくさん咲いていました。 1mくらいのニオイウツギの木の枝にホオジロの巣でしょうか、去年の巣が落ちずにまだ残…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more